FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【6/1】ドラグニティ考察

今年は辰年ってことで聖刻が流行ってますが、ドラグニティだって負けてませんよ!

【デッキ構築】

【ドラグニティ】

モンスター(18枚)

ドラグニティミスティル×3枚
ドラグニティドゥクス×3枚
ドラグニティレギオン×3枚
ドラグニティファランクス×3枚
ドラグニティアキュリス×2枚
エフェクト・ヴェーラー×3枚
BFー精鋭のゼピュロス×1枚

魔法(13枚)
竜の渓谷×3枚
テラ・フォーミング×3枚
調和の宝札×2枚
大嵐×1枚
月の書×1枚
死者蘇生×1枚
ブラックホール×1枚
愚かな埋葬×1枚

罠(9枚)
神の宣告×1枚
神の警告×2枚
奈落の落とし穴×2枚
リビングデッドの呼び声×2枚
激流葬×1枚
聖なるバリア-ミラーフォース-×1枚

エクストラ
TGハイパーライブラリアン
AOJカタストル
ドラグニティナイトガジャルグ
ドラグニティナイトヴァジュランダ×3枚
スターダストドラゴン×2枚
スクラップドラゴン
クリムゾンブレーダー
トライデント・ドラギオン
交響魔人マエストローク
セイクリッド・トレミスM7
聖刻龍王アトゥムス
迅雷の騎士ガイアドラグーン

サイドデッキ
冥府の死者ゴーズ×1枚
ライオウ×2枚
コアキメイル・ドラゴ×2枚
増殖するG×2枚
トラゴ・エディア×2枚
ナイト・ショット×3枚
暗黒を吸い込むマジックミラー×3枚



ということで、最近流行のミスティル型ですね。
まだそんなに回数を重ねてはいませんが、感じたことをまとめてみましょう。

①ヴェーラーのケア
現環境でドラグニティを使っていて見られる場面が

ドゥクスorレギオン召還→ヴェーラー

ですが、そこでミスティルさんがヴェーラーを受けたドゥクスorレギオンをケアしつつレベル8シンクロまでつなげてくれます。
ヴェーラー2枚目、といわれたらそこで流石に止まってしまいますがねw
レギオンで2枚割った後にレベル8までつなげられれば、デュエルをかなり有利に進められるのではないのでしょうか。

②ランク6への接続
ミスティル型の一番の利点がランク6エクシーズへのつなぎやすさです。

考えられるテンプレパターンが

ドゥクス効果、ファランクスSS。シンクロレベル6ドラグニティヴァジュランダ。効果ファランクスSS。ファランクスリリースミスティル。効果ファランクスSS。ミスティルとヴァジュランダエクシーズランク6。

他にはミスティル2枚でゴリ押しパターンなどもあります。
状況に応じて展開できるところが素晴らしいですね。
余談ですが、ゼピュロス√も存在します。

渓谷戻してゼピュロスSS。ドゥクス効果ファランクスSS。シンクロ6ヴァジュランダ効果ファランクスSS。ゼピュロスとファランクスでガジャルグ。ガジャルグ効果で適当に墓地肥やし。エクシーズランク6。

ミスティル√ならばアトゥムスでもトレミスでもかまいませんが、打点と効果からトレミス優先するといいかもしれません。
トレミス効果でミスティル回収して、場のファランクスリリースしてスタダを作れば、スタダトレミスという強い状況で相手ターンに渡せます。
ガジャルグを使う場合はアトゥムスじゃないと動けないので注意です。

大まかな流れはこういったところでしょうか。

スタダで破壊系の効果を持つカードを無効化しながら、唯一の対策札であるヴェーラーをケアできる状況に持っていければ有利にゲームを進めることが出来るでしょう。

しかしメリットもあればデメリットもあるように、ドラグニティの弱点も考えなければなりません。

弱点①
フィールド依存

渓谷はドラグニティの要。しかしその存在は諸刃の剣です。
常にサーチできる反面、チェーンサイクロンorサンブレで処理されると途端に何も出来なくなります。
そして一番酷い状況がゲーム中、一度も渓谷を引けずに負ける場面もあるということです。
暗黒界とのミラーなどになるとフィールド魔法を先に張った方がアド損となる謎勝負が始まりますしね・・・。

弱点②
墓地依存

インゼクター対策に入れられているマクロコスモスがガン刺さりで泣きたくなります。
あとは今はなかなか見なくなりましたが、DDクロウも鬼門です。
墓地にファランクスorアキュリスがいなければドラグニティは働けぬでござるよ。
ちなみにミスティルはマクロコスモス中は特殊召還できないのでご注意を。

以上の2点が問題となります。

マッチの2戦目以降はサイチェンからサイクロンやサンブレなどが入ってきますので、その対策にナイトショットでフリーチェーンを潰していくのが大切になってきます。
インゼクター対策は暗黒ミラー+スタダでかなり有利に出来ますので、割と問題はないのかもしれません。

モンスターに関してはいじるところはもう少ないはずなので、あとは魔法と罠の割合ですね。
今の候補が聖槍・ゴドバ・リビデ。
聖槍はデモチェや爆風、強制脱出装置などの破壊以外の妨害からドラグニティを守ってくれます。
ゴドバはヴェーラーやデモチェのケア用です。
リビデはミスティル採用したおかげで攻撃札として採用できるようになりました。

今のところはヴェーラーケアがミスティルで出来ると想定して聖槍とリビデの2択ですね。
守り札の比率が高いので、攻め札を少しでも増やして展開力を上げていきたかったのです。
あとは渓谷引けないという最悪のオチを回避する為に強謙を積んでみてもいいかもしれないと最近思っています。

まだ少ししか触っていないので、今述べたことは実践を伴っていない理論となります。
それだけはこれからまわしてみての楽しみですね。

今年はドラグニティの飛躍の年!辰姉うおお!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

秋

Author:秋
最近はLeague of Legendsとグラブルをメインに遊んでます。
特に勉強になるような事は書かないです。書けないです。

最新コメント

カウンター

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。